有料老人ホームは快適です > 老人ホーム 心得 > 老人ホーム選択 トラブル

老人ホーム 心得

老人ホーム選択 トラブル



どの老人ホームに決めようかと、さまざまな資料や情報を集め、

慎重に検討したにもかかわらず、実際に入所してみたらどうも実態は

異なっていたというケースが数多くあります。

有料老人ホームの経営実態や内部状況など、正確につかめないのが

現状のようです。

不当な表示をめぐるトラブルに答えるため、公正取引委員会は、有料

老人ホームに関する不当な表示について、平成16年に厳しい基準を

設けました。

基準が守られない場合、排除命令などの厳しい措置がとられます。
 
また、厚生労働省による基準に加えて、各都道府県では、独自に運営

指導指針を定めています。

有料老人ホームの開設に当たっては、この指針に準拠していることが

厳しくチェックされますが、それが持続的に守られているかどうかの

第三者評価の徹底が望まれます。

公正取引委員会、各都道府県、国民センターなどで有料老人ホームの

トラブルの事例をチェックし、公平な情報を入手してください。

老人ホームの表示に関するトラブルで多いのは、

   1、介護職員についての表示

   2、医療機関との関係についての表示

   3、費用についての表示

   4、介護サービスについての表示

選択にあたっては、逆にこれらの点に着目し、その現状を確認する

ことが重要です。

やはり、実際に入所するご本人(またはご家族)が何度も実際に足を

運び、ご自身の目と感覚で納得のいく施設を選びたいものです。

<<第三者評価 | 有料老人ホームは快適ですトップへ | 老人ホーム 入居者が入院?>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。