有料老人ホームは快適です > 老人ホーム > 老人ホーム タイプ別メリット、デメリット

老人ホーム

老人ホーム タイプ別メリット、デメリット



主な老人ホームのタイプとして

  1、介護老人福祉施設(「特別養護老人ホーム」「特養」)。
  2、介護老人保健施設(「老健」)
  3、グループホーム
  4、有料老人ホーム

があります。

加速する高齢化社会のニーズに応え、公的、民間、

いずれにおいてもさまざまなタイプの老人ホームがあります。

それぞれにメリット、デメリットがあり、今後メリットの

さらなる拡大、デメリットの縮小や解消が望まれます。

介護老人福祉施設は安価である反面、入所待機となるケースが多く、

大部屋(相部屋)となることが多いというのも敬遠される理由の

ひとつとなっています

また、病院と自宅の中間施設で、リハビリ施設です。ただし、

入所期間が3ヶ月程度になっていることから、いずれは

退所することを念頭においたうえでの入所となります。

ケアハウスは、原則個室で、ほとんどの場合食事サービスが

ついていますが、あくまで身の回りのことを自分でできる、

比較的自立した人が対象です。

介護の必要度が大きくなると、退所しなくてはなりません。

グループホームは、個室での生活を基本としつつも、食事や入浴は

共同生活となります。

軽度の痴呆症の方にとって、家庭的な環境での共同生活は

適度な刺激となり、症状の進行を遅らせるメリットがあります。

有料老人ホームは、民間のホームです。

ほとんどが株式会社経営であることから、個人のニーズや

好みに合わせて選択できます。

かつては高額な資金が必要なホームが多いのが実状でしたが、

現在では、比較的廉価なところも登場し、さまざまなニーズに対して

今後、最も多様化することが予想されます。

それぞれに一長一短があります。また、これらの従来のタイプに

加えて、新しいタイプも次々と模索され始めています。

<<老人ホーム 受け入 | 有料老人ホームは快適ですトップへ | ネットスーパー>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。