有料老人ホームは快適です > 老人ホーム > 第三者評価

老人ホーム

第三者評価


老人ホームにおじいちゃん、おばあちゃんを訪ねたとき、その変化に

心配になることがあります。

自宅に居たときにはあんなにふっくらとしていたのに、老人ホームに

入ってとても痩せちゃったみたいなのだけど、「しっかりと食べて

いる?」当人に尋ねてみるものの、最近、ことに認知症の症状が

進んだおばあちゃんの答えからは、今ひとつはっきりとしたことは

わかりません。

ホームの方に尋ねても、「大丈夫ですよ」の一言。

普段、お世話になっている手前、それ以上、深く尋ねることは

できません。

老人ホームのもつ不透明性を解消するために、公的機関による第三者

評価が求められています。

平成12年6月施行 社会福祉法第78条では、「福祉サービスの質の向上

のための措置等」として次のように規定しています。

第78条

「社会福祉事業の経営者は、自らその提供する福祉サービスの質の

評価を行うことその他の措置を講ずることにより、常に福祉サービス

を受ける者の立場に立って良質かつ適切な福祉サービスを提供するよ

う努めなければならない。」

さらに、その第2項では、「国は、社会福祉事業の経営者が行う福祉

サービスの質の向上のための措置を援助するために、福祉サービスの

質の公正かつ適切な評価の実施に資するための措置を講ずるよう

努めなければならない。」としています。

この流れを受け、今後より多くの老人ホームで情報開示がごく当たり

前のこととして行われることを願いたいですね。

<<老人ホームと集団生活 | 有料老人ホームは快適ですトップへ | 老人ホーム選択 トラブル>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。