有料老人ホームは快適です > 有料 老人ホーム > 介護付 老人ホーム

有料 老人ホーム

介護付 老人ホーム

 有料老人ホームの多様化 

 高齢化社会がすすんでくる中、それまで高額といわれていた有料老人ホームも幾分費用がかからなくなってきました。利用者の多様なニーズにこたえて、さまざまな形態の有料老人ホームが登場してきつつあります。

 介護型有料老人ホームは有料老人ホームのなかで人気の一番手です。介護型有料老人ホームは、介護が必要な方と不必要な方が共存する最も一般的な形態です。有料老人ホームが自ら介護サービスを提供してくれるため、あらためて介護サービスを契約する必要もありません。入所者の日常生活を全般的包括的に支援をしてくれるので安心できるという点が人気です。

 介護型有料老人ホームには、一般に次の3つの形態があります:

1.ユニットケア
 5〜9人にグループ分けされて、介護状態別に専任の担当者をつけて専門的なケアを行うものです。ユニットケアの条件としては、グループ毎にキッチン、リビング、お風呂が設置されています。入所者の介護状態に応じたケアが受けられるため、認知症のケアに最適の形態ではないでしょうか。問題点は、入所者のトラブルなど対人関係問題が起きやすいということは否めません。もちろん専任の担当者も十分に理解してはいますので、必要以上の心配は無用です。


2.グループケア
 入所者の介護度別に階数を違えて対応している形態です。階ごとに同じ介護状態の入所者が集団生活するため、精神的な負担が少なく、管理する側としてもやりやすい面があります。反面、対人関係にトラブルも起きやすいとうデメリットも現状ではあります。介護の程度が低いからといって安心ばかりはできないということです。


3.混合型
 さまざまな方が自分の好きな部屋を選択して入居する形式です。介護状態に関わらず、自立者、認知症患者、要身体介護者、要見守りなど、集団で生活する形態です。とはいえ、入所者同士の人間関係は比較的良好です。入所者同士が互いに助け合うというメリットの反面、個々の状態に応じたきめ細やかな介護が難しい、というデメリットもあります。

 どんな形態であれ、メリットとデメリットはあります。あらかじめ有料老人ホームの内容が受け入れられることがポイントになります。スタッフが多く、一人当たりの担当数が少なく、24時間体制での対応が問題なくできて・・・などと要望がエスカレートしていけば有料であっても老人ホーム選びは困難になってくるでしょう。

<<老人福祉施設の種類 | 有料老人ホームは快適ですトップへ | 新しいタイプの老人ホーム>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。