有料老人ホームは快適です > 老人ホーム > 「老人福祉法」

老人ホーム

「老人福祉法」



昭和38年、高齢者の福祉を図ることを目的として「老人福祉法」が

制定されました。

高齢者の福祉とは、社会福祉制度の中の一分野で、老人福祉とも呼ば

れます。

特に高齢者を対象とするサービスを指します。

「老人福祉法」とは、老人福祉の原理を明確にし、高齢者の心身の

健康を保持し、生活を安定させるため必要な措置を講じるための法律

です。

現在日本では、高齢化、少子化が急速に拡大し、高齢者の幸せは

もはや家族だけで支えていくことは難しくなっています。

社会全体で高齢者の幸せを向上し、維持していく仕組みはできないの

でしょうか?

かつては、すべての高齢者を対象としてその社会保障を担っていまし

たが、高財政悪化により、現在では「老人保健法」、「介護保険法」

が適用されない場合に限って、老人の福祉を行う根拠として用いられ

ています。

高齢者の福祉として、在宅福祉と施設福祉があります。

ホームヘルプ、ショートステイ、デイサービス、グループホームは、

在宅福祉にはいります。

施設福祉には、特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、老人介護支援

センター、老人福祉センターがあります。

軽費老人には、A型、B型があり、ケアハウスもこの種類の老人ホーム

の一種といえます。

日本の高齢化は、世界に類を見ないスピードで進んでいます。

高齢化率14パーセントの現在の高齢化社会は、あと数年もすれば高齢

化率21パーセントを超える、超高齢化社会に突入するでしょう。

高齢者福祉サービスの受給者が増加の一途をたどる一方で、それを

支える若者世代が減少しています。

安定したサービスを提供するためにも根本的な対策が期待されます。

<<介護保険の適用 | 有料老人ホームは快適ですトップへ | 有料老人ホーム>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。