有料 老人ホーム

有料老人ホームの入居費用


老人ホームへの入居は、ある意味人生の「大きな買い物」です。

身体の自由や思考がはっきりとしているうちに、将来を見据えた目でさまざまな時点・・・入居時、入居後の生活費、介護が必要になった場合の費用・・・を考え、計画的な資金計画を立てましょう。

必要な基本的費用を確認しておきましょう。

1.入居一時金・・・入居する最初の時点で必要な費用。

入居一時金は、それを支払うことによって入居者が専用の居室や共同の施設、サービスを利用する権利を得るためのものです。

2.介護費用・・・介護のために必要な費用。

介護保険制度によって、都道府県の指定を受けたホームでは提供される介護サービスの一部が保険対象となります。

介護保険以外の費用の負担については、入居時に一時金とは別に一時金で払う場合と、月々の介護費用として払う場合があります。

あるいは介護が必要となってから請求される場合もあります。300〜800万と多様です。おむつなどの消耗品は実費で支払う場合が多いでしょう。

3.月々に必要な生活費

●管理費・・・ホームのサービスや施設の管理のために毎月必要な費用。施設によって最も幅がある費用です。

●食費・・・ホーム内での食事サービスに対して支払う費用。たいてい、実際の利用回数に応じて支払うホームがほとんどでしょう。4〜6万円。

●水道光熱費・・・施設によっては、管理費に含まれていることもあります。2〜3万円。

●個人的な生活費・・・電話代や交際費、交通費、趣味の費用。

その他、追加の個人的な有料サービスを受けた場合、ホーム以外のサービスを個人的に契約した場合に、別途費用が必要となります。

*毎月の費用は、入居している限り終身払い続けるものです。無理なく支払える施設を選択することが必要です。

4.万一の費用

病気や怪我、お葬式費用など。

有料 老人ホーム

有料老人ホーム選択のポイント


 有料老人ホームを選択する際のポイント

有料老人ホームは、入居される方の健康状態や機能の程度に応じて施設を選ぶことができます。

選択のめやすとしては、費用、提供される介護サービスの内容、施設の雰囲気・生活スタイルなどがチェックする大きなポイントです。

その他に、家族の面会等のことを考えて、立地条件、交通の便なども考慮する必要があります。持病のある方は持続して治療を受けられる病院が近くにあるか、なども老人ホームを選択するポイントになるでしょう。


有料老人ホームの選択ポイント

1.費用

●入居一時金

●毎月の費用

●その他の費用

同じような施設と比較して妥当な金額であるかどうかを考え、無理のない資金計画を立てることが重要です。



2.介護サービスの内容

入居後に、それまで異常のなかった体の一部が不自由になったり、痴呆になったりすることがあります。その場合に介護やサービスを期待できるのかどうか、というところも入所前に調べておきます。

「健康型有料老人ホーム」「介護付有料老人ホーム」など、施設によって基準という壁があったりします。

施設にそういう設備・環境でない場合、外部との別個の契約が必要かを明確にしておくことが大切でしょう。

できれば、24時間体制でケアが受けられるほうが安心できるでしょう。



3.生活スタイルや施設の雰囲気

介護型有料老人ホームの場合、介護不要者と要介護者が共存します。

●混在型:自立可能、認知症、要身体介護、見守りなど、介護や身体機能の状態に関係なく、混在して自由に部屋を選択する形式。

●グループケア型:階によって、身体・介護状態などの住み分けをする形式。

●ユニットケア:少人数単位で、それぞれのグループの介護状態別に担当者を決めて専門的なケアを行う形式。



4.その他

●食事:治療食(塩分やカロリーなどの制限、刻み食などの形態)を提供してもらえるか、自炊は可能か、など。

●立地条件:交通の便がいいか、都会か田舎か、気候など。身の回りの商品を販売している店が近くにあるか、病院へのアクセス。


有料老人ホームを選択する際には、契約をする前に、複数の施設を見学させてもらい、評判などを聞いて情報収集をするといいでしょう。

有料 老人ホーム

介護付 老人ホーム

 有料老人ホームの多様化 

 高齢化社会がすすんでくる中、それまで高額といわれていた有料老人ホームも幾分費用がかからなくなってきました。利用者の多様なニーズにこたえて、さまざまな形態の有料老人ホームが登場してきつつあります。

 介護型有料老人ホームは有料老人ホームのなかで人気の一番手です。介護型有料老人ホームは、介護が必要な方と不必要な方が共存する最も一般的な形態です。有料老人ホームが自ら介護サービスを提供してくれるため、あらためて介護サービスを契約する必要もありません。入所者の日常生活を全般的包括的に支援をしてくれるので安心できるという点が人気です。

 介護型有料老人ホームには、一般に次の3つの形態があります:

1.ユニットケア
 5〜9人にグループ分けされて、介護状態別に専任の担当者をつけて専門的なケアを行うものです。ユニットケアの条件としては、グループ毎にキッチン、リビング、お風呂が設置されています。入所者の介護状態に応じたケアが受けられるため、認知症のケアに最適の形態ではないでしょうか。問題点は、入所者のトラブルなど対人関係問題が起きやすいということは否めません。もちろん専任の担当者も十分に理解してはいますので、必要以上の心配は無用です。


2.グループケア
 入所者の介護度別に階数を違えて対応している形態です。階ごとに同じ介護状態の入所者が集団生活するため、精神的な負担が少なく、管理する側としてもやりやすい面があります。反面、対人関係にトラブルも起きやすいとうデメリットも現状ではあります。介護の程度が低いからといって安心ばかりはできないということです。


3.混合型
 さまざまな方が自分の好きな部屋を選択して入居する形式です。介護状態に関わらず、自立者、認知症患者、要身体介護者、要見守りなど、集団で生活する形態です。とはいえ、入所者同士の人間関係は比較的良好です。入所者同士が互いに助け合うというメリットの反面、個々の状態に応じたきめ細やかな介護が難しい、というデメリットもあります。

 どんな形態であれ、メリットとデメリットはあります。あらかじめ有料老人ホームの内容が受け入れられることがポイントになります。スタッフが多く、一人当たりの担当数が少なく、24時間体制での対応が問題なくできて・・・などと要望がエスカレートしていけば有料であっても老人ホーム選びは困難になってくるでしょう。

有料 老人ホーム

有料老人ホーム

有料老人ホームにはいろんなサービスがあります。

これからの人生を安心して快適に過ごせるように願うのは、
本人のみならず家族も同じです。

そういう空間を提供してくれる
有料の老人ホームを探してみませんか



 老人ホームには10種類もの種類があります。

「養護老人ホーム」と「特別養護老人ホーム」に入所する場合、

年齢や介護状態など一定の条件があります。

「軽費老人ホーム」は、割と低費用で入所できますが、

ある程度自立した生活ができることが入所の条件ですので、

それができなくなると退所しなければなりません。

比較的低料金で利用できる施設は、こういった不安を

かかえることになります。

希望の条件にあれば、「有料老人ホーム」がおすすめです。

有料老人ホームには、次のものがあります。

●住宅型有料老人ホーム

入居の時点で、介護が必要な人も不要な人も対象になります。

老人ホームでは介護サービスの提供を行いません。

訪問介護、訪問看護などの居宅サービスの対象となります。

そのため、入居者が外部の介護事業者との個人的に

サービスを受ける契約をします。

●健康型有料老人ホーム

介護が不要で、自立した生活を営むことが可能な人だけを

対象としたホームです。

介護保険の適用はありません。

介護が必要となった場合には退去しなくてはなりません。

●介護付有料老人ホーム

老人ホーム内で介護サービスを提供する、最も一般的な形態です。

介護が必要な人と不要な人とがいっしょに生活をします。

介護や日常生活全般の支援を包括的に受けることができます。

介護付有料老人ホームには、さまざまな方式があります。

入居される方の要介護状態や希望によって、

いろいろな条件の中から自分に合った老人ホームを

選ぶことが大切でしょう。

有料 老人ホーム

有料老人ホーム 食事



毎日の生活において、食事は大きな意味を持っていますの。

有料老人ホームでは、工夫を凝らしてさまざまなイベントを

計画し、イベント食を用意したり、ホームのなかにテナントとして

レストランをもっていて、利用者がレストランで好きなものを注文

するというところもあるようです。

有料老人ホームによっては、ちょっとした自炊スペースを

設けているところもあります。

要介護者を対象とした有料老人ホームでは、基本的に朝、昼、晩の

3食を提供します。

パンとライスの選択、メインの料理を魚、お肉から選択、洋食・

和食、といった選択ができるところもあります。

好みの違いの他に、身体的な機能、病状によっては、咀嚼力の低下

からご飯の硬さを調節し、全粥、5部粥、3部粥、といった配慮が必要

となります。

おかずも刻み食やペースト状にしたり、さらに、心臓病、糖尿病、

腎臓病などのために塩分や脂肪分の摂取を控える必要がある方も

いらっしゃいます。

これらの個別のケアに対してどれほど対応してもらえるのか、また

それは基本的な介護サービス内に含まれるのか、あるいは別途料金が

発生するのか、を確認しておくことが必要です。

有料老人ホーム内にある食堂などでいっしょに食事をとるとしても

家族が訪れた際には、家族といっしょにとっても良いのか、

そのスペースは用意されているか、事前に確認しておくと、

いざその状況になったときに嫌な思いをしないで住みます。

何事も事前に確認しておくことが後々のトラブルを避ける大きな鍵と

なります。

有料老人ホームによってサービスはいろいろです。

有料 老人ホーム

入居制限



老人ホームのなかでも、第二の人生を田舎でのんびりと暮らしたい、

あるいは交通の便が良く大きな病院や美術館などがあって便利な

都会で暮らしたいなど、各個人が自らの選択で入居を決めることが

できるのが、有料老人ホームです。

また、最低限必要な介護やサービス、希望など譲れる条件と譲れない

条件を自分の経済力と相談しながら決めていくことになります。

しかし、有料老人ホームであっても、必ずしもすべての人が入居可能

であるとは限らないこともあるので、ホーム側の条件もよく調べて

おくことが重要でしょう。

たとえば、ある介護付き有料老人ホームの場合、入居対象者は「介護

保険需給対象者」に限っています。

要支援または要支援1、要支援2、要介護1~5の認定を受けている方で

す(申請中の方も対象となることがあります)。

かつ、「連帯保証人を定められる方」を入居の対象として定めている

ところが多いようです。

そのため、入居の際に健康診断書・介護保険証・健康保険証・

老人医療需給証・身体障害者手帳、などを用意する必要があります。

また、たとえこれらの条件を満たしていても、あくまで集団生活と

なるわけですから、感染症・伝染病をもち、他の入居者に感染・伝染

させる恐れのある方は対象外となります。

他の入居者に迷惑や危害を与える恐れがある方も入居を拒否されて

しまう場合があります。

また、老人ホームは病院ではありませんから、入院治療が必要な方、

常時医療的な処置を必要とされる方も対象から外れてしまいます。

このようにたとえ「自らの選択」であるとはいえ、制限があることも

忘れてはいけません。

ただし、あくまで制限は個々のホームによって異なります。

事前によく調べておくことが大切です。

有料 老人ホーム

要注意の有料老人ホーム


高齢化社会の需要に応じ、有料老人ホームの数が

増える傾向は好ましいといえます。

しかし、その反面、入居してみたら思っていたのと違っていたと

いったトラブルが増えています。

パンフレットなどに記載されている情報と実態との差が原因です。

完全に希望と一致する老人ホームを見つけるのは難しいでしょう。

こんな有料老人ホームは、優秀なホームである可能性が

極めて低いという点検をすることはできます。

●有料老人ホームの届出をしていない老人ホーム

「有料老人ホームを設置するものは、あらかじめその施設を

設置しようとする地の都道府県知事に届け出なければならない」

(老人福祉法)となっています。

にもかからわず、この届出を怠っている施設「類似施設」が

全国に数多くあります。

届け出がなされ、必要な報告や調査がなされているということは、

その老人ホームが一定の基準を満たしているということで、

ひとまず安心できるといえるでしょう。

●表記の具体性が欠けている老人ホーム

「アットホームな雰囲気です」「親切なスタッフ」といった、

当たり障りのない表現ではなく、具体的に何人の介護スタッフがいる、

資格の有無、など、情報は具体的に明記されていることが重要です。

「終身介護」「緊急時の対応」と言う場合に、それは具体的に

何をするのか、を明記し、それが基本的な管理費に含まれるのかどうか、

追加の費用が必要となるかの確認もするべきです。

●契約書・管理規定・重要事項の説明書が提示されない老人ホーム

「すぐに契約を!」と急がせるばかりで、契約書や管理の規定など

重要な書類をなかなか提示してくれない老人ホームは要注意です。

契約内容がわからないままに契約を結んでしまうことは

絶対にないようにしましょう。

●体験入居制度がない老人ホーム

老人ホームを選択する前には、実際に自分で見学し、

体験入居することで、思ってもみなかった実態に気づくことがあります。

夜間の介護体制など、昼間には見えなかった点も見えてきます。

食事も実際に食べてみることが必要です。

その機会を与えない老人ホームは避けたほうが無難です。

その他、問題があった場合の窓口がない、スタッフの雰囲気や

態度が良くない、他の入居者が生き生きと生活していない、

などは「これは要注意!」な施設といえるでしょう。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。