介護保険

介護保険の適用



介護保険は、40歳から加入し、一生涯続く社会保険制度です。

65歳以上の被保者(第1号被保険者)利用者は、要介護状態(常に介護が

必要な状態)や要支援状態(日常生活に支援が必要な状態)になると、

必要なサービスを受けることができます。

40歳から64歳の第2号被保険者は、原則的にサービスを受けることが

できません。

しかし、「加齢に伴って生じる心身の変化に起因する疾病を特定疾

病」とされている、15種類の特定の疾患によって要介護や要支援状態

になった場合にのみサービスを受けることができます。

サービスの利用者は、介護サービス費用の1割を負担を要します。

老人ホームなどの施設では、このほかに食費や生活消耗品などの自己

負担分が加わりますが、支払った費用の一部は、所得税の医療費控除

の対象となります。

在宅の場合、被保険者の要介護度に応じて利用できるサービスの上限

が定められており、支給限度基準額を超えるサービスの利用について

は介護保険の適用外で、全額自己負担となります。

在宅への配食サービスなど、介護保険の対象外のサービスも行われて

いますが、これらは全額が利用者の自己負担となります。

老人ホームに入居の場合は、在宅との負担のバランスをとるため、

居住費と食費が保険の給付対象からはずれ、その分老人ホーム側が、

利用者から徴収する形となります。

ただし、上乗せサービス、横出しサービスが市区町村単位で行われて

います。

●上乗せサービス・・・市町村の判断で、本来の介護保険の限度額を

条例で引き上げ、限度額を上乗せすることをいいます。

●横出しサービス・・・市町村が独自に、本来介護保険サービスで

定められ手いる他に、配食サービスなどを特別給付や保険事業として

追加することです。

老人ホームでの生活のなかでも市町村によって、これらのサービスを

受けられることがありますので、それぞれ確認をしてみるとよいでし

ょう。

介護保険

介護保険法の改正



2000年(平成12年)4月に介護保険法が成立しました。

5年をめどに見直すという当初の予定通り、2007年(平成19年)に利用料

の値上げや認定区分の変更など大幅に見直されました。

また、2005年(平成17年)には、障害者も介護保険を利用できるように

するために、介護保険と連動する仕組みをつくる狙いで、障害者自立

支援法が成立しました。

精神障害、身体障害、知的障害の3つの障害の一体化、ケアマネジメ

ントの導入が図られます。

将来、高齢者と障害者をひとつにまとめた介護保険制度ができたら

いいと思います。

急速な高齢化に伴う医療費の増大を抑制するために、厚生労働省は、

療養病床数と入院日数を減らす方向性を打ち出しています。

実際、介護保険が始まってから、「在宅サービス」の利用者は2倍以

上増大し、「施設サービス」、つまり老人ホームの利用者もやはり

増大傾向にあります。

しかも要介護4〜5の人たちの半数が老人ホームなどの施設サービスを

利用しているといわれます。

保険制度というのは、負担と給付のバランスで成り立っています。

このまま給付だけが増え続けると、バランスが狂ってくるでしょう。

したがって、給付を減らすために、できるだけ介護保険を利用しない

ですむように、予防に重点を置いた方策が打ち出されています。

認定区分を変更し、要支援1、要支援2の認定者には「予防プラン」

として、「予防給付サービス」が実施されるようになりました。

そのサービスとは、筋肉トレーニング、低栄養予防、口腔ケア、転倒

予防、閉じこもり予防、うつ予防、予防訪問介護、予防適所リハビリ

テーションです。

一方、要介護の認定者に対しては、ケアマネージャーによるケアプラ

ンと介護保険サービス利用が実施されます。

新しい制度を作っても、将来は保険料を若い世代から徴収せざるを

得なくなることは時間の問題といえます。

介護保険

老人ホーム 受け入

年齢的にも、介在的にも老人ホームの入居条件をクリアし、

介護認定も受けているという場合、老人ホームに入居が

可能なのでしょうか?

たとえこれらの条件をクリアしていても、老人ホームでの生活は

病院ではありませんから、ご本人のさまざまな病気、

症状によっては入所を拒否されてしまう場合もあります。

入居に際してどのような病名、症状が問題となるのでしょうか? 

一般的な介護付き有料老人ホームの、病名・症状による受け入れで

問題となる条件を見てみることにしましょう。

これは一例ということで、これらの条件が受け入れられるかどうか、

またそのほかの問題となる条件があるかどうか、

必ず、ご自分の希望するホームで個々に確認をとってください。

●医療面の受け入れ

・胃ろう

(*「胃ろう」とは、何らかの事情で口からの食物摂取が困難な場合に、

胃や腸などの消化管にチューブを通して直接栄養を送る方法です。

消化管に栄養を送るルートして、鼻からの場合と、胃ろうといって

おなかに小さな穴を開けてそこから栄養を送り込む方法があります。

鼻かの場合と比べ、胃ろうは管理が容易なため自宅などでの

介護の負担が軽いといわれています。)

・インシュリン
・在宅酸素
・褥瘡(じゅくそう)
・ストマ(人工肛門)
・糖尿病
・透析
・認知症
・バルン
・ペースメーカー

以上は比較的受け入れられる例が多いようです。

・気管切開
・筋萎縮性硬化症
・人工呼吸器
これらは問題となることが多いです。また、IVHは不可となりそうです。

●感染症の受け入れ
・肝炎
・梅毒
・MRSA
これらは比較的受け入れられる例が多いようです。

・疥癬
・HIV
これらは問題となるでしょう。また、結核は不可となります。

あくまで、一般的な例です。

個々に確認することを徹底してください。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。