有料 老人ホーム

有料老人ホーム選択のポイント


 有料老人ホームを選択する際のポイント

有料老人ホームは、入居される方の健康状態や機能の程度に応じて施設を選ぶことができます。

選択のめやすとしては、費用、提供される介護サービスの内容、施設の雰囲気・生活スタイルなどがチェックする大きなポイントです。

その他に、家族の面会等のことを考えて、立地条件、交通の便なども考慮する必要があります。持病のある方は持続して治療を受けられる病院が近くにあるか、なども老人ホームを選択するポイントになるでしょう。


有料老人ホームの選択ポイント

1.費用

●入居一時金

●毎月の費用

●その他の費用

同じような施設と比較して妥当な金額であるかどうかを考え、無理のない資金計画を立てることが重要です。



2.介護サービスの内容

入居後に、それまで異常のなかった体の一部が不自由になったり、痴呆になったりすることがあります。その場合に介護やサービスを期待できるのかどうか、というところも入所前に調べておきます。

「健康型有料老人ホーム」「介護付有料老人ホーム」など、施設によって基準という壁があったりします。

施設にそういう設備・環境でない場合、外部との別個の契約が必要かを明確にしておくことが大切でしょう。

できれば、24時間体制でケアが受けられるほうが安心できるでしょう。



3.生活スタイルや施設の雰囲気

介護型有料老人ホームの場合、介護不要者と要介護者が共存します。

●混在型:自立可能、認知症、要身体介護、見守りなど、介護や身体機能の状態に関係なく、混在して自由に部屋を選択する形式。

●グループケア型:階によって、身体・介護状態などの住み分けをする形式。

●ユニットケア:少人数単位で、それぞれのグループの介護状態別に担当者を決めて専門的なケアを行う形式。



4.その他

●食事:治療食(塩分やカロリーなどの制限、刻み食などの形態)を提供してもらえるか、自炊は可能か、など。

●立地条件:交通の便がいいか、都会か田舎か、気候など。身の回りの商品を販売している店が近くにあるか、病院へのアクセス。


有料老人ホームを選択する際には、契約をする前に、複数の施設を見学させてもらい、評判などを聞いて情報収集をするといいでしょう。

<<前の1件  1 2 3 4 5..  次の1件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。