老人ホーム

新しいタイプの老人ホーム


老人ホームの主なタイプに、介護老人福祉施設(「特別養護老人ホーム」「特養」)や介護老人保健施設(「老健」)、グループホーム、有料老人ホームがあります。急激に変化している高齢化社会のなかで老人ホームも変化してきています。

入居希望者の個性が多様化していることから、施設そのものが見直されつつあります。老人ホームで生活する人のなかには、10年、20年という人もざらにいます。人生80年といわれる時代にあって、人生の2割前後の期間老人ホームにお世話になっていることになります。

こうしてみるとその費用もかなりの額になってくることが容易に推測できます。老人ホームの選択は、当事者の人生において非常に重要なものなのです。

このような新しい時代にはいってきて、従来のタイプと違って、新しいタイプの老人ホームが誕生しています。


●新型特養ホーム

従来の「特別養護老人ホーム」(「介護老人福祉施設」「特養」)の新しい形の公的ホームです。従来の特養ホームの場合、大部屋(相部屋)となるケースが多かったのですが、新型では個室や個別のケアサービスが受けられるようになっています。ただ、従来月額費用5万円だったのが、更に5万円がプラスされ、月額10万円ほどかかります。


●新型ケアハウス

従来のケアハウスは、身の回りのことは自分でできる程度の比較的軽度で自立した人が対象でした。そのため介護の必要度が進むと退所しなければなりませんでした。新型のケアハウスの場合は介護認定が必要となります。民間企業と自治体が連携した新しい方式での施設です。


●ケア付きマンション

分譲または賃貸のマンションに緊急通報や食事サービスを付加したものといえるでしょう。ただ介護が必要となった場合は、外部の在宅サービスと個別に契約が必要となります。そして介護の必要度が進むと、また改めて別の施設への入居を検討せざるを得なくなるのが実状です。


そのほか、従来からある有料ホームも入居費などの改善が見られ、最近ではかなり廉価になって利用し易くなってきています。老人ホームが社会の需要に門戸を広げて、利用者に選択肢が増えてきたといえるでしょう。


<<前の1件  .. 2 3 4 5 6..  次の1件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。