老人ホーム

老人福祉施設の種類


老人福祉施設には次の種類があります

●特別養護老人ホーム

介護老人福祉施設とも呼ばれます。65歳以上で、常時の介護を

必要とし、かつ居宅では介護を受けることが困難であるうえ、

介護保険法に規定された介護老人福祉施設への入所も困難な

高齢者などを入所させ、養護することを目的とする施設です。

●老人デイサービスセンター

高齢者に対して入浴、食事の提供、機能訓練、介護方法の指導

そのほかの便宜を提供する施設です。対象となる高齢者には一定の

制限があります。

●老人短期入所施設

養護者の疾病そのほかの理由によって、居宅で介護を受けることが

一時的に困難となった高齢者を短期的に入所させ、養護するための

施設です。

老人デイサービスセンターと同様、対象となる高齢者には一定の

制限があります。

●養護老人ホーム

主に経済的な理由から居宅で養護を受けることが困難な65歳以上の

自立者を入所させ、養護することを目的とする施設です。

●軽費老人ホーム

無料、または低額な料金で老人を入所させ、食事の提供やその他の

日常生活に必要な世話をすることを目的とします。

●老人福祉センター

無料または低額な料金で、老人に関する各種の相談に応じます。

また老人に対して、健康の増進、教養の向上、レクレーションの

ための便宜を総合的に提供します。

●老人介護支援センター

老人福祉に関する専門的な情報提供、相談、指導、および居宅介護を

受ける老人とその養護者などと老人福祉事業者との間の連絡調整

などを総合的に行う施設です。

このように、入所される場合、どの条件に当てはまっているか?

費用はどうなるか?などを検案することが必要になってきます。

いずれにしても、自立できるようにしていくことを考えていければ

本人のためにも家族のためにもいいのではないでしょうか?

<<前の1件  .. 4 5 6 7 8..  次の1件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。